WEB制作のGraspa

企業用集客サイトの制作、ブログの運営

フリーランスの働き方【ブログを継続することの重要性】

フリーランスの働き方【ブログを継続することの重要性】





こんにちは、WEBデザイン事務所Graspaの遠藤です。最近はフリーランスの働き方、というテーマでブログ書いてます。

記事一覧はこちら

当ブログでも度々取り上げている『ブログ』というテーマ。本日もブログを継続することの重要性について書いてみたいと思います。

ブログを継続することの難しさ

ブログを継続するということは、はっきり言ってとても難しいです。ブログを継続するということが難しいということは、ブログで成果を上げることが難しいということです。一度でもやってみたことがある人はわかると思います。書き始めた頃は当然読者なんかつきませんから、ほとんど身内にしか読まれていないようなブログを毎日書けと言われても、なかなか難しいものです。文字数も3~500文字程度の日常日記なら15分もあれば書けると思いますが、それなりにユーザーにとって有益なコンテンツ記事を書こうと思ったら、最初はおそらく1時間はかかるでしょう。

ここに一つのデータがあります。日本のブログを収益化しているブロガーさん、アフィリエイターさんのうち、月に5000円以上稼げている人はたったの5%しかいないというデータです。残りの95%の人の収益は、5000円に達していないということですね。

ブログというのは大前提として「アクセスを集めてなんぼ」という問題があります。確かに500記事書いて月のアクセスを10000集める人と50000集める人がいるように、記事や内容、センスによって幅はあると思いますが、アクセスを集められない人が成功しないということは揺るぎない事実です。

なぜ継続ができないのか

なぜ皆さん成果が出る前に辞めてしまうのか、という問題についてです。それにはいくつかの答えがあると考えます。一つ目は前述した通り、始めは読者がなかなかつかない中で書き続けなければならないということです。読まれてもいないブログを書き続けるには相当な気合と根性が必要です。

二つ目は、ブログは始めるのが限りなく簡単で、誰でも簡単にレンタルサーバーや無料ブログサービスを使えば無料で始めることができるのです。それゆえに『簡単に副業が始められる』『簡単に稼げる』などという浅はかな思考のもとに着手してしまった人が、実際に始めたら全く稼げないという現実を突きつけられて辞めてしまうのです。


継続するためには

それではブログ(日記ではなく優良なコンテンツ記事)を継続するためのコツはなんでしょうか。これもいくつかあると考えます。まず一つ目は、ブログを楽しむということです。アクセスや収益にばかりとらわれてしまうのではなく、ブログを書いて発信すること自体を好きになれなければ継続は難しいと考えます。なんでもそうですが、好きでもないものを継続することは難しいですよね。

二つ目は、人よりも得意分野や知識が豊富なものにカテゴリを絞ってブログを書くということです。ブログというのはテーマを絞って書けば、そのテーマの情報を欲しがる読者がつくため、絞られていない雑多ブログよりアクセスを集められる傾向があります。そして何より人より知識が豊富なわけですから、必然的に内容の濃い記事を書くことが可能ですし、知識量が多ければ記事のネタに困ることもありません。

筆者は人よりもそれなりに知識量には自信がある株式投資ブログや、自分の経験から知識量や伝えたいことの量が比較的多い「フリーランスの働き方」という当ブログを書いているわけです。

ブログを継続するとどうなるか

ブログを継続して書いていくと、3つの成果を得ることができます。一つ目はドメインが強化されるということです。これはつまりSEO的に、自分のブログや記事が検索エンジンの上位に表示されやすくなるということです。Googleというのは、書かれたばかりの記事やサイトを、すぐにはネット上に登録してくれません。ちなみにこのネット上に登録されるということを専門用語で『インデックス』と言います。

各記事がインデックスされ始めて、検索エンジンからの流入が増えてくるのは、筆者の経験上毎日記事を更新した場合で、だいたい2ヵ月ほどかかる感覚です。もちろん内容や記事のボリュームなどにもよりますが。

二つ目は、当たり前ですがアクセスが集まるようになってきます。ブログの醍醐味は、内容の濃い優良な記事を書き続ければ必ずアクセスが集まるということです。誰が言い出したのかはわかりませんが、ブログの世界には『100記事の法則』という謎の言い伝えがあります。これは100記事書くとアクセスが増え始めるというものです。

ちなみに一つの記事の最低必要文字数は1000文字以上だとも言われています。このあたりの情報がどこまで本当なのかはわかりませんが、確かに筆者の経験からしても100記事くらい入った辺りからアクセスがかなり伸びるという感覚もあります。

三つ目は、継続してアクセスが集めることさえできれば、収益に繋げることができるということです。少し広告の勉強をしてクリック報酬型の広告に着手してみてもいいですし、アフィリエイトだって成果を得られるはずです。これらのような広告事業だけではなく、アクセスが集められればご自分のビジネスへの集客だってできますよね。アクセスが1000、10000と増えてくれば、それだけあなたの記事やビジネスに興味を持ってもらえてるという確固たる事実ですので。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ブログの大変さや継続することの難しさ、そして継続して書き続ければどんな恩恵を受けることができるのかをまとめました。人よりも少し知識のあることを持っていたり、文章打つのが好きな人は向いていると思いますよ。是非、『ブログの継続』皆さんも頑張ってみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。




この記事を書いた人

静岡のWEBデザイン事務所【Graspa】

代表:遠藤雅士

生年月日:1987、8、29

WEBデザイン、株式投資、ブログ運営で生計たててます。

大人の読書感想文

More