WEB制作のGraspa

企業用集客サイトの制作、ブログの運営

フリーランスの働き方 【確定申告について】

フリーランスの働き方 【確定申告について】




こんにちは、WEBデザイン事務所Graspaの遠藤です。最近はフリーランスの働き方、というテーマでブログ書いてます。

記事一覧はこちら

今日はフリーランスとして、そして個人事業主として独立するにあたり、まずは勉強しなければならないことの一つ、『確定申告』についてです。多くの個人事業主は、まずぶつかる壁だと思いますが、しっかりと正しい知識を身に付け、賢く節税しながら事業を進めましょう。

確定申告とは

社会人になったばかりの方にとっては、意外となじみのない言葉ではないでしょうか。社会人になっても、会社に勤めるという雇用形態の方にとっては、あまり身近な言葉ではないかもしれませんが、フリーランスや個人事業主にとってはとても大切なことです。

確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までまでの1年間の「収入」から「必要経費」を差し引くことで「所得」を計算し、その所得の合計金額について納める税額、還付される税額を計算して申告する手続きのことです。確定申告は原則、翌年の2月16日~3月15日に行います。

しかし、所得のある全ての人が確定申告をするわけではありません。所得があっても確定申告をしないという方は、世間的に「サラリーマン」や「OL」と呼ばれる給与所得者です。

給与所得者とフリーランス(個人事業主)の違い

では、サラリーマンとフリーランスはどう違うのでしょうか。

サラリーマンは、毎月の給料から「源泉徴収」というかたちで所得税が天引きされ、「年末調整」で1年間の所得税を清算します。給料以外の収入がないサラリーマンは、医療費や住宅ローンなどによる控除によって変わることもありますが、原則年末調整により、その年の所得や所得税が確定するわけですね。

しかし、フリーランス(個人事業主)は、確定申告により「所得」や「所得税」が確定します。フリーランスや個人事業主とは、「株式会社のような会社という組織にせず、事業を営む個人」のことを指します。そのため、確定申告をするときには「事業所得」として申告することになります。

つまり、原則、年末調整で所得や税額を確定するサラリーマンと、自分で確定申告をして所得や税額を確定するフリーランスや個人事業主には大きく違いがあります。

確定申告しないとどうなるのか

フリーランスや個人事業主に関わらず、基本事業所得を得ているものは納税の義務があります。そんな納税の義務を守らずに申告しないでいるとどうなるのでしょうか。

仮に納税の義務がある人が確定申告しなかった場合どうなるのかといいますと。税務調査などで申告漏れが発覚して修正申告や税務署からの決定がなされたときは、本来納税すべき所得税に、「加算税」や「延滞税」がかかるケースがあります。

例えば、納付した税額が少なかったことが発覚したら「過少申告加算税」というかたちで+10%~程度加算されます。

申告しなかった場合にも「無申告加算税」というかたちで+15%程度加算されるそうです。他にもいろいろと罰則が存在しますので、後で痛い目を見ないためにも、納めるべき税金は納めましょう。

最後に

未だにたまに、「確定申告していない」とか、そもそも「開業届を出していない」とかいう人をたまに見かけます。自分がよかれと思ってやっていても、必ず後から痛い思いをすることになります。行政や税務署はそんなに甘くないですし、税務調査なんて普通に小さいオフィスにだって入りますから。

それにそういった手続きを怠っていると、後々事業拡大や不動産なんかを購入する局面になったときに、銀行や国からの融資を受けれないということになりかねません。

正しい知識を持って、正しく節税することをおすすめします。

こちらの記事もどうぞ。

関連記事:フリーランスの働き方【確定申告について】その2




この記事を書いた人

静岡のWEBデザイン事務所【Graspa】

代表:遠藤雅士

生年月日:1987、8、29

WEBデザイン、株式投資、ブログ運営で生計たててます。

大人の読書感想文

More